地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、大阪市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

大阪市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」大阪市中央区

大阪市中央区の神社・お寺特集!

玉造稲荷神社(たまつくりいなりじんじゃ)【玉造】

縁結び、恋愛成就、子授け安産を願う女性に人気の神社

玉造稲荷神社は垂仁天皇18年(西暦 紀元前12年)の秋に創祀されたと伝えられ、用明天皇3年に改築されました。聖徳太子が仏教受容問題で物部守屋公と争われた際、この玉作岡に陣を敷き、「我に勝を与えるならこの栗の白木の箸に枝葉を生じさせ給え」と祈願されたところ、のちに枝葉が生じ、この戦いも無事に終わったといわれています。

その後、天正4年の兵乱により本・末社、旧記等ことごとく焼失しましたが、慶長8年に豊臣秀頼公により社殿、高殿(舞台)が再建されました。大坂の陣で、当地は再び戦地となり被害をうけましたが、元和5年に徳川幕府の大坂城代内藤紀伊守を始め、氏子・崇敬者の寄進を以って再建されます。別称は豊津稲荷神社とも呼ばれ豊臣・徳川時代を通じ、「大坂城の鎮守神」として崇敬されたことが史料に残っています。

 

しかし、文久3年11月の大坂大火(新町焼)を経て、明治4年氏子・崇敬者により再建。国家管理時代の社格は府社となり、その後昭和20年6月1日の大東亜戦争(第二次世界大戦)の戦禍を受けましたが、戦後は新憲法のもと宗教法人(神社本庁)玉造稲荷神社となりました。

 

社殿は昭和29年10月15日にご遷座。昭和51年5月には、皇室より三笠宮寛仁親王殿下をお迎えし、創祀二千年祭奉祝事業達成祈願祭を盛大に営み、平成元年6月創祀二千年祭を挙行し、玉造稲荷神社分社を大阪市中央区上町1丁目に分祠致しました。平成27年8月20日に三韓館とゆかりある松ノ木大神、二吉大神、若松大神(大阪市中央区玉造2-19に鎮座)を合祀し、現在に至っております。

 

大坂城の南東にあり、大坂城三ノ丸に位置した玉造稲荷神社。西向きに建てられている本殿は比較的に少なく大坂の経済を見守るため、西を向いていたとも言われています。

大坂の町を造った豊臣秀吉公は稲荷神を崇敬し、玉造稲荷神社を大坂城の鎮守神として祀りました。また、大坂城における神事の多くは玉造稲荷神社の神職が執り行い、慶長八年には豊臣家より五百石の水田(現・大阪市天王寺区玉造本町)が朱印地として寄進されました。

【伊勢参り起点碑】

江戸時代のお伊勢参りでは、大坂以西の旅人達が玉造稲荷神社に参り、道中の安全を願い旅立ちました。この旅を引き継いで始められた「初詣・伊勢迄歩講」(主催:大阪ユースホステル協会)の起点もこの石碑です。側面に「是より神宮まで百七十キロ」とあり、裏面には「勾玉の造(みやつこ)たちの頸飾り、菅の御笠にいざ旅立たむ」と歌が刻まれています。

 

【豊臣秀頼公奉納鳥居】

慶長8年(1603年)に秀頼公より奉納され、400年の歴史を刻んでいます。大阪での石製鳥居としては、四天王寺正門の鳥居と共に古いといわれています。玉造稲荷神社が大坂城の鎮守神として祀られ、特に居城された秀頼公、淀殿らの崇敬が篤かったのです。ただし阪神淡路大震災のときに基礎に損傷を受け、上部・脚部に分けて境内に現存してます。

【千利休居士顕彰碑】

豊臣時代、玉造禰宜(ねぎ)町の地で千利休が屋敷を構えていたと言われ、恒例の秋のだんご茶会も、豊臣家が野点の利休の茶会を楽しんだという故事にちなんだものです。この利休ゆかりの地に顕彰碑を…という大阪青年会議所の音頭で、昭和52年5月に完成しました。また、この石碑には利休居士15世にあたる千宗室宗匠の筆による利休の茶の心「和敬静寂」が彫られています。

【小野小町歌碑】

古代、上町台地の東側は海水の浸入する江湾地帯でした。生駒金剛連山を見渡す景勝の地であり、平安時代に至っては大和川が流れ、
その玉造江を小町が通った際詠んだ歌が彫られています。

【秋田實笑魂碑】

漫才作家・秋田實をしのぶ碑です。「笑魂碑」には、「笑いを大切に。怒ってよくなるものは猫の背中の曲線だけ」と秋田實さんの言葉が刻まれ、自然石の方には秋田さんの辞世の句「渡り来て うき世の橋を 眺むれば さても危うく 過ぎしものかな」が刻まれています。

【なで子持曲玉石】

玉のなかでも特異な玉が曲玉(勾玉)と言われています。子持勾玉は古代5世紀頃に出現し、御魂の増殖に連がるものと考えられ、稲の豊作などを占いました。社殿の前の“子の悩み”「なで子持曲玉石」は子孫繁栄、子授け、芸能向上、事業振興に霊験あらたかでありますようにと願い、撫でられています。

【利休井】

豊臣時代の千利休は玉造・禰宜町(当神社南側)に屋敷を構えていました。この一帯は清水谷などの地名が残るように玉造清水と呼ばれる良質の水が得られ、利休が茶の湯に愛用したと『摂津名所図会大成』に記されています。

【難波・玉造資料館】

資料館は社伝による創祀2000年祭、奉祝記念として全国各地から多くの方々のご協力を得て、昭和61年(1986年)秋に開館されました。なお、展示にあたりましては現・和洋女子大学名誉教授寺村光晴先生のご指導を頂きました。

祭事

 

 1月 1日 歳旦祭
1月15日 とんど、成人祭
2月 初午祭 (2月に入って最初の午の日)
2月 3日 節分祭、厄除け
6月30日 大祓
7月15日 夏祭り 上方笑いの父・秋田 實奉納演芸(玉造黒門越瓜食味祭)
7月16日 夏祭り
10月 8日 だんご茶会(豊臣家・徳川家ゆかりの茶会)
10月14日 秋祭り
10月15日 秋祭り
11月15日 七五三 (ご祈祷は11月中受付)
12月28日 初詣・伊勢迄歩講出発(大阪ユースホステル協会)
12月31日 大祓

 

 

 

御祈祷

 

商売繁昌・事業発展・家内安泰・子孫繁栄・縁結び

 

婚 礼

〇 「お二人の記念日」として、一日一組だけの神殿結婚式が用意されています。

御宮参り
七五三

〇 七五三便利プラン(全日予約制/ご祈祷・七五三衣裳・着付・写真撮影・おみやげ)

厄払い

 

 

ご利益

 

商売繁昌・事業発展・家内安泰・子孫繁栄・縁結び

神社そのものがパワースポットです。

 

 

参拝期間

 

1月1日~12月31日

 

 

参拝時間

 

24時間可能です。ただし御守等の授与は9時から17時迄です。

 

 

基本情報

 

名 称 玉造稲荷神社
所在地 大阪市中央区玉造2丁目3番8号
Tel 06-6941-3821
駐車場 数台分あり。ただし参拝時の短時間に限ります。
HP https://www.inari.or.jp/
アクセス 大阪メトロ長堀鶴見緑地線「玉造駅」から徒歩5分
大阪メトロ中央線・長堀鶴見緑地線「森ノ宮駅」から徒歩5分
JR環状線「玉造駅」から徒歩5分
JR環状線「森ノ宮駅」から徒歩5分

 

少彦名神社
御霊神社
豊國神社
玉造稲荷神社

 

日本の伝統行事をもっと知ろう!

この記事に関するキーワード

PICK UP 大阪市中央区のお店 ~グルメ~

  • きさう

    きさう

    大阪市中央区心斎橋筋1-3-3 ソフィア心斎橋133ビル2階

    [ 海鮮料理・ダイニングバー ]
    心斎橋の隠れ家で真心こめたおもてなし!

  • il Centrino(イル・チェントリーノ)

    il Centrino(イル・チェントリーノ)

    大阪市中央区瓦屋町1-2-2

    [ イタリア料理 ]
    古民家で楽しむモダン・イタリアン

  • エクチュア からほり「蔵」本店

    エクチュア からほり「蔵」本店

    大阪市中央区谷町6-17-43

    [ チョコレート専門店・カフェ ]
    老舗のチョコレート専門店の濃厚チョコレートドリンクをぜひ!

  • 串料理 KOHAKU(こはく)

    串料理 KOHAKU(こはく)

    大阪市中央区谷町6-2-43

    [ 串料理 ]
    串8本¥1,600~! コースがいろいろと選べます!

  • から天 空掘天ぷら飯

    から天 空掘天ぷら飯

    大阪市中央区谷町6-15-17

    [ 天ぷら専門店 ]
    揚げ立てのあつあつの天ぷらをカウンターでどうぞ!

  • たまり場すかんぽ

    たまり場すかんぽ

    大阪市中央区谷町6-3-10

    [ 韓国料理・焼肉・居酒屋 ]
    代々引き継がれる秘伝の味にファン多し! 空堀の老舗韓国料理店!