地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、大阪市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

大阪市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」大阪市中央区

大阪市中央区の神社・お寺特集!

少彦名神社(すくなひこなじんじゃ)【北浜】

日本の医薬のメッカ【道修町】に薬の神様が鎮座する!

神皇彦霊神(かんむすびのかみ・万物生成の神)の子、日本医薬の祖神・少彦名命(すくなひこなのみこと)と中国医薬の祖神・神農炎帝(しんのうえんてい)が祀られ、薬の神として健康増進、交易の神として商売繁盛の神徳があるとされています。

毎年、11月22~23日に行われる神農祭が有名。
大阪の祭りは、今宮戎神社の「十日戎」で始まり、少彦名神社の「神農祭」で終わるため、神農祭は「止めまつり」、あるいは「とめの祭り」と称されています。
神農祭の際、道修町周辺の薬局・製薬会社などには、祭礼の提灯(ちょうちん)が掲げられます。また、神農祭で授与される、五葉笹に吊るされた「張子の虎」(神虎)が有名で、製薬会社の製品(薬剤が入っている外箱)、吹き流しとともに吊るされる光景が名物となっています。

五葉笹に吊るされた「張子の虎」(神虎)には、表面に「祈願 家内安全 無病息災」と記された赤い紙札、
「薬」の文字印が腹に押された「張子の虎」、少彦名大神御靈と記された布製の神札、花詞(はなことば)の札が付けられています。

 

 これは、1822年(安政5)、大坂でコレラが流行した際に、道修町の薬種仲間が疫病除薬として「虎頭殺鬼雄黄圓」(ことうさっきうおうえん)という丸薬を調合し、少彦名神社の神前で祈祷して、罹患者(りかんしゃ)などに施したことに由来します。その際「張子の虎」を配布したが、その丸薬の効能が高かったため、「張子の虎」の御守がよく知られるようになりました。

祭事

 

1月1日       歳旦祭

1月4日~7日   新年祈願祭
1月13日・14日   ペット健康安全祈願祭(完全予約制) 
2月3日       節分祭(15時~)護摩焚き神事・振る舞いぜんざい
5月2日~      バラまつり・花の参道
6月30日     夏越大祓式(午後15時~)
11月22・23日    神農祭 (例大祭)
12月23日     満願成就祭 
12月31日     年越大祓式(午後15時~)  

毎月23日      献湯祭 (湯神楽奉納式) 

 

 

御祈祷

 

厄除祈願、病気平癒・健康祈願、法人祈願、出張祈願

 

婚 礼 〇(ただし、20名程度までの人数制限あり。)
御宮参り
七五三
厄払い

 

 

ご利益

 

病気平癒・健康成就

 

 

参拝期間

 

1月1日~12月31日

 

 

参拝時間

 

午前6時~午後6時半(ただし授与所は午前9時~午後5時まで)

 

 

基本情報

 

名 称 少彦名神社(神農さん)
所在地 大阪市中央区道修町2-1-8
Tel 06-6231-6958
Fax 06-6231-6970
駐車場
HP http://www.sinnosan.jp/
アクセス 地下鉄堺筋線北浜駅6番出口より徒歩5分

 

 

日本の伝統行事をもっと知ろう!

この記事に関するキーワード

PICK UP 大阪市中央区のお店 ~グルメ~