地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、大阪市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

大阪市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」大阪市中央区

大阪市中央区の神社・お寺特集!

御津宮(みつぐう)・御津八幡宮(みつはちまんぐう)【心斎橋】

安産の神、芸術文化の神として御神徳を高く仰がめられている心斎橋一帯の氏神! 

御津宮(御津八幡宮)は現在の心斎橋一帯の産土の社です。この地は江戸時代初期以来、全国有数の街として発展し、今日ではこの辺り一帯は「ミナミ」と呼ばれ大阪の繁華街を形成してます。境内は約400坪とそう広くはありませんが常時参拝者も多く、今も神社前を東西に伸びる街路は「八幡町通り」と呼ばれ、界隈の人々にとって親しみのある社として現在に至ってます。

御祭神は応神天皇(おうじんてんのう)、仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)、神功皇后(じんぐうこうごう)です。縁起によると西暦749年に手向山八幡宮が東大寺の守護神として、宇佐八幡宮から勧請された折に神輿がこの地に上陸し、一時三津の寺に安置されました。後にこれを御津八幡宮と改めたとなっています。しかし、創始については諸説があり、明確に記した文献が残っているわけではありませんが、古い歴史を有する神社であることは間違いありません。ただし、昭和20年の大阪大空襲で本殿・拝殿のすべてが焼失し、現在の社殿は昭和35年に再建されたものです。

八幡様と呼ばれる御宮は全国に多くあり、その数、約25,000社。八幡様は、一時、源氏の氏神として崇敬も厚かったため、世間では武士の神様として知られており、一面清浄の徳をお持ちになる神様としても信仰されていました。

2月3日には節分祭の福豆まき神事、4月上旬の桜の花が咲く頃には観桜会・野点、7月14~15日には夏祭りでの神輿渡御、神楽奉納、神賑行事などを行っています。

祭事

 

1月1日      歳旦祭
2月3日      節分祭(福豆まき神事)
4月上旬       観桜会(野点)
6月15日      例祭
7月14~15日   夏祭(神輿渡御、神楽奉納、神賑行事)

毎月1日・15日 月次祭

 

 

御祈祷(要予約)

 

 初宮詣、七五三、厄除、安産、交通安全、縁結び、心願成就、合格祈願、病気平癒、商売繁盛、家内安全

 

婚 礼 ×
御宮参り
七五三
厄払い

 

 

ご利益

 

 厄除、安産、縁結び

 

 

参拝期間

 

1月1日~12月31日

 

 

参拝時間

 

7:00~18:00

 

 

 

基本情報

 

名 称 御津宮(御津八幡宮)
所在地 大阪市中央区西心斎橋2-10-7
Tel 06-6211-8655
Fax 06-6211-4676
駐車場 無し
アクセス

大阪市営地下鉄御堂筋線心斎橋駅より徒歩約4分

大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線心斎橋駅より徒歩約4分

 

少彦名神社
北御堂
坐摩神社
御津宮(御津八幡宮)

 

日本の伝統行事をもっと知ろう!

この記事に関するキーワード

PICK UP 大阪市中央区のお店 ~グルメ~

  • そば処 一山

    そば処 一山

    大阪市中央区高麗橋3-1-1

    [ そば屋 ]
    3代続く老舗のそば屋!

  • 中国料理 溢香園

    中国料理 溢香園

    大阪市中央区中寺2-9-9

    [ 中華料理店 ]
    本場中国で20年以上の経験を積んだ料理人の作る本格中華料理!

  • 遊食旬菜えしあ

    遊食旬菜えしあ

    大阪市中央区東心斎橋1-19-8 日宝プロムナード心斎橋2階

    [ おばんざい・小料理 ]
    心斎橋から徒歩3分の隠れ家、「遊食旬菜えしあ」

  • 橋の湯食堂

    橋の湯食堂

    大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌(ほう)1階

    [ セルフのお酒とおばんざいのお店 ]
    空堀の隠れ家的食堂で楽しむ絶品料理

  • きさう

    きさう

    大阪市中央区心斎橋筋1-3-3 ソフィア心斎橋133ビル2階

    [ 海鮮料理・ダイニングバー ]
    心斎橋の隠れ家で真心こめたおもてなし!

  • アジア多国籍料理バル マルコポーロ

    アジア多国籍料理バル マルコポーロ

    大阪市中央区難波千日前15-3

    [ アジア多国籍料理・バル ]
    今話題の裏なんばで異彩を放つ、アジア多国籍料理バル!