地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、大阪市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

大阪市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」大阪市中央区

意外と知らないッ?! 大阪の史跡・文化再発見!!

直木三十五文学碑(なおきさんじゅうごぶんがくひ)

大衆文学という分野で確たる地位を築き、直木賞の名となった文才

長堀通沿いの『榎木大明神』のすぐそばに『直木三十五文学碑』がある。

直木三十五(本名:植村宗一)は明治24年(1891年)、

大阪市南区内安堂寺町通2丁目(現在の大阪市中央区安堂寺町1丁目)に生まれる。

桃園尋常小学校(現在の桃園小学校)に在学し、早稲田大学英文科に進んだ。

31歳のとき、植村の「植」の字を二文字にして直木とし、

年齢の31を用いて「直木三十一」の筆名で『時事新報』に執筆。

以後、年を重ねるごとに筆名を改め、最終的に「直木三十五」と定めた。

『文藝春秋』の発刊に加わり、直木の辛辣な世相批判と文壇ゴシップは

売上を牽引するほどの人気となった。

関東大震災を期に帰阪し、江戸川乱歩や長谷川伸らとともに『大衆文芸』を創刊。

のちに『南国太平記』を発表し、文壇での地位を確立した。

文学碑には『南国太平記』の一文が刻まれている

所在地 大阪市中央区安堂寺町2丁目
最寄り駅 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線/松屋町駅
参考

書籍:中央区史跡文化辞典改訂版

HP:Wikipedia

 

この記事に関するキーワード

PICK UP 大阪市中央区のお店 ~グルメ~

  • 橋の湯食堂

    橋の湯食堂

    大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌(ほう)1階

    [ セルフのお酒とおばんざいのお店 ]
    空堀の隠れ家的食堂で楽しむ絶品料理

  • マップからほりらへんを作る会

    マップからほりらへんを作る会

    大阪市中央区谷町9-1-18 アクセス谷町ビル

    [ 空堀のお店めぐりマップ ]
    おもしろさ底なしの空堀エリア! さぁ! まち歩きに出かけよう!