地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、大阪市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

大阪市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」大阪市中央区

意外と知らないッ?! 大阪の史跡・文化再発見!!

熊野街道の起点碑(くまのかいどうのきてんひ)

紀州・熊野三山へ詣でる『熊野街道』は大阪市中央区が起点!

『熊野街道』とは熊野権現の分霊を祀った九十九(つくも)王子を巡りながら熊野三山へ至る道のこと。

平安時代中期から鎌倉時代初期にかけて『熊野信仰』が王朝貴族を中心に盛んになり、やがて武士や

庶民にも広がったことで『お伊勢参り』と双璧を成すメジャーなエンターテイメント参道となっていった。

京の都から舟で淀川を下り、『渡辺の津(=八軒屋浜の船着場)』で陸に上がり、

そこから熊野三山を目指す。その渡辺の津は天満橋と北浜の中間あたりの大川沿いにあり、

土佐堀通を南に渡ったところが『御祓筋(おはらいすじ)』の始まりだったと言われている。

そこから南下し、中央大通を越え、南大江公園あたりを東へ左折、谷町筋を越えてすぐに南へ折れ(右折)、

旅の目印だった榎木大明神を通り、四天王寺さんへと『熊野街道』は続いていく。

その道中、『王子社』があったと伝えられる場所に石碑が経っている。

所在地 大阪市中央区天満橋京町3番(起点)
最寄り駅 大阪市営地下鉄谷町線/天満橋駅
京阪電鉄/天満橋駅
参考

参考書籍:中央区史跡文化辞典改訂版

参考HP:Wikipedia

 

この記事に関するキーワード

PICK UP 大阪市中央区のお店 ~美容・健康~