地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、大阪市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

大阪市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」大阪市中央区

意外と知らないッ?! 大阪の史跡・文化再発見!!

芭蕉終焉の地(ばしょうしゅうえんのち)

俳聖として世界的にも知られる、日本史上最高の俳諧師の一人

御堂筋の道路内にある緑地帯にひっそりと建っている「芭蕉終焉の地」の碑をご存じだろうか?
知らなかったら見過ごしてしまう、そんな場所で芭蕉は終焉を迎えたという。

 

 

寛永21年(1644年)伊賀国(現在の三重県)に生まれる。10代後半のころ、当時有名だった俳人・北村季吟(きたむらきぎん)のもとで俳諧の勉強を始める。その後、江戸で武士や商人に俳句を教えるかたわら、数々の作品を発表。

 

芭蕉の最も有名な作品として知られている「古池や蛙(かわず)飛びこむ水の音」を春の発句会で詠む。このとき42歳。井原西鶴(いはらさいかく)、近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)と並んで元禄時代を代表する文人の一人となり、俳句の元となった俳諧(はいかい)を発展させ、蕉風と呼ばれる芸術性の極めて高い句風を確立した。

 

旅人としても知られ、一日で40キロから50キロ程の道のりを歩いたともいわれている。

 

元禄7年(1694年)大坂に旅した際に体調が悪化し、10月12日、南御堂前の花屋の座敷で死去。

享年51歳。


冒頭でも書いたが、昭和9年に建立された「芭蕉終焉の地」の碑は多くの車が行きかう御堂筋の中にある。
もともとその辺りまであったまち並みが道路拡張工事に伴い、道路内の緑地帯に入るかたちとなってしまったためだ。


亡骸は本人の意向により、生前に愛した義仲寺(滋賀県大津市)に葬られている。

所在地 大阪市中央区久太郎町3丁目御堂筋緑地帯内
最寄り駅 大阪市営地下鉄御堂筋線/本町駅
大阪市営地下鉄四つ橋線/本町駅
大阪市営地下鉄中央線/本町駅
参考

書籍:中央区史跡文化辞典改訂版

HP:Wikipedia

 

この記事に関するキーワード

PICK UP 大阪市中央区のお店 ~学ぶ・スクール~

  • つくしんぼ保育園

    つくしんぼ保育園

    大阪市中央区中寺1-1-32 法性寺ビル1階

    [ 保育園 ]
    つくしんぼのようにまっすぐ健やかに育ってほしい!

  • ピラティススタジオ進化

    ピラティススタジオ進化

    大阪市中央区北浜1-1-20 北浜三ッ星ビル8階

    [ ピラティススタジオ ]
    北浜駅近く! ピラティスのプロ指導の50分で姿勢改善!