地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、大阪市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

大阪市中央区の地域情報サイト「まいぷれ」大阪市中央区

意外と知らないッ?! 大阪の史跡・文化再発見!!

越中井(えっちゅうい)

細川ガラシャの名で知られる玉(たま)の最期の地

かわいい猫がお昼寝中でした。笑

明智光秀(あけちみつひで)の子・玉(たま)として生まれたガラシャ。

「本能寺の変」を起こした父が討たれた後、幽閉されていたが、

天正15年(1587年)、

玉造にあった細川越中守忠興(ほそかわえっちゅうのかみただおき)の屋敷に移り住んだ。

外出を厳しく制限されていたが、お忍びで訪れた教会がきっかけで熱心なキリシタンとなり、

洗礼を受け、「ガラシャ」の名を授かることとなる。

慶長5年(1600年)、関ケ原合戦の直前、石田三成(いしだみつなり)は細川忠興を味方につけるため、

ガラシャを人質にしようと細川屋敷を取り囲むが、彼女はこれを拒絶。

キリシタンであったため自害できず、家臣に長刀で胸を突かせて死んだと言われている。

その時、屋敷に火を放ち、細川屋敷は焼け崩れたが台所の井戸だけが残っており、

これが「越中井」である。

井戸は大正時代に一旦埋め立てられたが、地元の住民により昭和34年(1959年)に復元。

越中井は現在も30軒ほどからなる越中町会により交代で管理されている。

所在地 大阪市中央区森ノ宮中央2丁目12番
最寄り駅 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線/森ノ宮駅
大阪市営地下鉄中央線/森ノ宮駅
JR環状線/森ノ宮駅
参 考

書籍:中央区史跡文化辞典改訂版

HP:Wikipedia

 

この記事に関するキーワード

PICK UP 大阪市中央区のお店 ~官公署~